Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/06/26
【琉球新報】社説:本部町の朝鮮人遺骨 空白の解明は日本の責務


 

【琉球新報】社説:本部町の朝鮮人遺骨 空白の解明は日本の責務
続きを読む
琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-521509.html

沖縄戦に動員された朝鮮人の遺骨が本部町に埋葬されていたことが判明した。本紙報道を受け、韓国の市民団体や県内の遺骨収集団体、地元本部町の関係者が埋葬現場を確認し、今後、収骨に向けて具体的に動きだす。

沖縄戦中の朝鮮半島出身者の動向については不明な点が多く、歴史の空白となっている。それを埋める一つの動きであり、実現に期待したい。同時に、政府をはじめ日本側には空白を解明する調査、研究を進めていく責務がある。

本部町健堅に埋葬された遺骨は、1945年1月22日に米軍が沖縄全域を狙った空襲による被害者だ。日本軍の戦闘記録によると、本部町沿岸で日本軍の輸送船「彦山丸」が米軍機4機から攻撃を受けた。救助に向かった船も合わせて、朝鮮人を含む軍属ら少なくとも14人が死亡した。

続きを読む

琉球新報

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ