Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/07/10
【弁護士ドットコム】赤ちゃんポスト10年「予期せぬ妊娠する人に罪はない」元看護部長が接した母親たち


 

 

【弁護士ドットコム】赤ちゃんポスト10年「予期せぬ妊娠する人に罪はない」元看護部長が接した母親たち
続きを読む
弁護士ドットコム
前半
https://www.bengo4.com/other/n_6332/
後半
https://www.bengo4.com/other/n_6333/

予期せぬ妊娠や貧困など、諸般の事情で育てられない子どもの命を救おうと、2007年5月、熊本市の慈恵病院に「こうのとりのゆりかご」(通称「赤ちゃんポスト」)が開設された。匿名で子どもを受け入れ、児童相談所を通じて、乳児院や児童養護施設や里親、養子縁組などにつなげる仕組みだ。この10年間での受け入れ数は130人。

赤ちゃんポストに預けられた子どもたちは、熊本市の児童相談所を通じて乳児院に入所し、その後、それぞれ生活する場所が決まる。熊本市の中期検証によると乳児院ないし児童養護施設が29%、特別養子縁組が29%、里親が19%、実親の引き取りが18%、その他が5%となっている。

慈恵病院の蓮田太二院長と共に、開設から妊娠相談、その後の特別養子縁組につなげるまで尽力した、慈恵病院元看護部長、現・スタディライフ熊本特別顧問の田尻由貴子さんに話を聞いた。(ルポライター・樋田敦子)

続きを読む

弁護士ドットコム

前半

後半

 

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ