Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/07/13
【BLOGOS】大阪高裁が在日女性へのヘイトスピーチをはじめて複合差別と認定(平野次郎)


 

 

【BLOGOS】大阪高裁が在日女性へのヘイトスピーチをはじめて複合差別と認定(平野次郎)
続きを読む
BLOGOS
http://blogos.com/article/234261/

ヘイトスピーチで精神的苦痛を受けたとして、在日朝鮮人でライターの李信恵さん(45歳)が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と桜井誠・元会長に550万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が6月19日、大阪高裁であった。池田光宏裁判長は在特会側に77万円の支払いを命じた一審の大阪地裁判決を支持したうえで、ヘイトスピーチが人種差別と女性差別との「複合差別」に当たると初めて認定した。

判決によると、桜井元会長は2013~14年、神戸市内の街頭宣伝で取材に来ていた李さんに対し「朝鮮人のババア」「反日記者」と攻撃したのをはじめ、ネット上で李さんの容姿や人格を貶める発言を繰り返した。原告側はこれらのヘイトスピーチが人種差別撤廃条約や女性差別撤廃条約に抵触する人権侵害であると訴えた。一審判決は人種差別撤廃条約の趣旨に反するとしたものの女性差別には触れなかった。高裁判決は「名誉毀損や侮辱は原告が女性であることに着目し、容姿などを貶める表現を用いており、女性差別との複合差別に当たる」と述べた。

続きを読む

BLOGOS

 

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ