Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/07/14
【沖縄タイムス】社説:DNA鑑定集団申請 遺族の願いに応えよ


 

【沖縄タイムス】社説:DNA鑑定集団申請 遺族の願いに応えよ
続きを読む
沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/112295

沖縄戦の犠牲となった遺骨の身元特定を願い、遺族135人が国にDNA鑑定を申請した。国はその責任において希望者全員の鑑定を実施すべきだ。

戦没遺骨の収集については昨年、2024年度までに遺骨収集を進める「戦没者遺骨収集推進法」が施行された。だが、遺骨の身元特定に関しては依然、消極的な姿勢が目に付く。

これまで国は、DNA鑑定対象とする遺骨を「歯」や「個体性があるもの」に限定してきた。その結果、03年からのDNA鑑定で身元が判明した遺骨1080人のほとんどが、戦没地が明らかな軍人に限られる。

今年3月に国は「那覇市真嘉比や西原町幸地など県内4カ所で見つかった戦没遺骨75人分を、全国301遺族との間でDNA鑑定したが身元特定に至らなかった」と発表した。しかし、照合した遺族に沖縄の住民は含まれていなかった。

続きを読む

沖縄タイムス

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ