Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/07/18
【琉球新報】社説:性犯罪厳罰化法施行 社会も変わる必要がある


 

【琉球新報】社説:性犯罪厳罰化法施行 社会も変わる必要がある
続きを読む
琉球新報
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-536743.html

性犯罪を厳罰化する改正刑法が施行された。性犯罪に関する大幅な見直しは明治時代の制定以来、110年ぶりだ。遅過ぎたとはいえ、前進を評価したい。ただし、今回の改正でも課題はまだ多い。

法の主な改正点は、起訴するのに必要だった「親告罪」の規定を削除したことだ。告訴することが心理的な負担となり、性犯罪が潜在化する一因と指摘されてきた。親告罪の規定撤廃は、改正法の施行前に起きた事件にも原則適用する。

法定刑の下限を引き上げ厳罰化を図った。強姦(ごうかん)罪は懲役3年から5年に、強姦致死傷罪は5年から6年にした。

被害者に与える傷の大きさから「魂の殺人」とも言われる強姦罪だが、法定刑の下限は強盗罪より低かった。明治の法制定時、女性の貞操への侵害とする家父長的な発想が強かったため、被害者の人権が考慮されていない。

続きを読む

琉球新報

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ