Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/07/21
【弁護士ドットコム】精神科病院で身体拘束された外国人が死亡...遺族ら「不必要な拘束やめるべき」と訴え


 

【弁護士ドットコム】精神科病院で身体拘束された外国人が死亡…遺族ら「不必要な拘束やめるべき」と訴え
続きを読む
弁護士ドットコム
https://www.bengo4.com/iryou/n_6386/

日本で英語教師として働いていたニュージーランド人、ケリー・サベジさん(27)が神奈川県大和市の精神科病院で身体拘束を受けたあと、心臓発作で亡くなったことを受けて、ケリーさんの母マーサ・サベジさん(60)や兄(32)らが7月19日、東京・霞が関の厚生労働記者クラブで記者会見を開き、「身体拘束はやるべきでない」と訴えた。

ケリーさんはもともと精神の病を患っていたが、今年4月下旬に症状が悪化して、神奈川県大和市にある精神科病院に入院した。その際、腰や肩、両手両足をベッドに縛り付ける器具で、10日間にわたり身体拘束された。ケリーさんは心臓発作を起こして心肺停止になり、市民病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。

続きを読む

弁護士ドットコム

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ