Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/08/07
【現代ビジネス】ゼロからわかる「薬物依存症」〜私たちがいまだに誤解していること


 

 

【現代ビジネス】ゼロからわかる「薬物依存症」〜私たちがいまだに誤解していること
安心して「やめられない」といえる社会へ
松本 俊彦国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 部長
続きを読む
現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52365

安心して「やめられない」といえる社会へ

松本 俊彦国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部 部長

薬物依存は誤解されている

昨年の5月、ある著名人が覚せい剤取締法違反で逮捕されました。

その際、その人が逮捕される際に麻薬取締官にいった、「ありがとうございます」という発言が、マスメディアのあいだでちょっとした話題になったのを覚えているでしょうか?

私はこの一件を一生忘れないでしょう。

というのも、このことに関して、あるワイドショー番組でタレント・コメンテーターがしたコメントに、私は心底腹が立ったからです。それは、「ありがとうなんて軽いね。反省が足りない」というものでした。

これまで私は、何人もの覚せい剤依存症患者が、「逮捕された瞬間、思わず『ありがとう』っていってしまった」と苦笑まじりに語るのを聞いてきました。そしてその理由を聞くと、みな一様にこういいました。

「これでやっとクスリがやめられる、もう嘘をつかないでいい。そう思ったら、何だかホッとしてしまって」と。

要するに、あの「ありがとう」という言葉は、その人がそれだけ悩んでいた、苦しんでいたことを意味するものなのです。「軽い」「反省が足りない」などという批判は見当違いもはなはだしいというべきでしょう。

続きを読む

現代ビジネス

 

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ