Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/08/07
【Yahoo!ニュース/創tsukuru】相模原事件について障害者の立場から思うこと/海老原宏美


 

【Yahoo!ニュース/創tsukuru】相模原事件について障害者の立場から思うこと/海老原宏美
続きを読む
Yahoo!ニュース/創tsukuru
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170803-00010000-tsukuru-soci

事件の後も障害者への差別は全く変わらない

ここに掲載するのは、渋谷のトークライブハウス「LOFT9」で行われた相模原事件を考えるトークイベントで、人工呼吸器ユーザーの海老原宏美さんが発言したものだ。海老原さんは脊髄性筋委縮症II型という重度の障害で、移動には車椅子を使い、人工呼吸器を日常的に使用している。

大学生の時から自立し、介助ボランティアの助けを借りながら一人で暮らしている。2009年に仲間と人工呼吸器ユーザーの支援ネットワーク「呼ネット」を設立。2015年、呼吸器ユーザーの生活を描いた映画『風は生きよという』(宍戸大裕監督)という映画を製作、自ら出演した。映画のタイトルの「風」とは、人工呼吸器が吹き込む風をも意味した言葉だ。

海老原さんの発言は文字にしてみると深刻で重たい内容なのだが、それを明るく前向きに語るのが彼女の特徴だ。ぜひ本誌読者にも海老原さんの発言を紹介したいと思い、今回掲載した。映画はいろいろなところで自主上映されている。機会があればぜひ観ていただきたい。(編集部)

続きを読む

Yahoo!ニュース/創tsukuru

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ