Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/09/01
【沖縄タイムス】辺野古新基地反対の「オール沖縄会議」に平和賞 ドイツの国際団体


 

ドイツの国際平和団体「国際平和ビューロー」(IPB、ベルリン)は2017年のショーン・マクブライド平和賞を、沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対する政党や団体でつくる「オール沖縄会議」に授与すると決めた。IPBから連絡を受けた同会議関係者が31日明らかにした。
IPB自体は、1910年にノーベル平和賞を受賞している。マクブライド平和賞は2003年に日本原水爆被害者団体協議会(被団協)、06年に「平和市長会議」に授与された。
15年12月発足のオール沖縄会議は県民大会の開催や米政府・議会への辺野古反対の要請行動を展開し、翁長雄志知事とも連携。授賞理由に「軍事化や米軍基地に反対する非暴力の取り組み」などが挙げられた。

ドイツの国際平和団体「国際平和ビューロー」(IPB、ベルリン)は2017年のショーン・マクブライド平和賞を、沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対する政党や団体でつくる「オール沖縄会議」に授与すると決めた。IPBから連絡を受けた同会議関係者が31日明らかにした。

IPB自体は、1910年にノーベル平和賞を受賞している。マクブライド平和賞は2003年に日本原水爆被害者団体協議会(被団協)、06年に「平和市長会議」に授与された。

15年12月発足のオール沖縄会議は県民大会の開催や米政府・議会への辺野古反対の要請行動を展開し、翁長雄志知事とも連携。授賞理由に「軍事化や米軍基地に反対する非暴力の取り組み」などが挙げられた。

続きを読む

沖縄タイムス

 

関連キーワード:

一覧ページへ