Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/09/04
【読売新聞】[QOD 生と死を問う]終末期を支える


 

【読売新聞】[QOD 生と死を問う]終末期を支える
(上)重度でも通所介護
続きを読む
読売新聞
(上)重度でも通所介護
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170828-OYTET50000/
(下)看取る介護職育成
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170828-OYTET50053/

(上)重度でも通所介護

超高齢社会を迎え、住み慣れた自宅で最期まで過ごせる環境作りがますます重要になっている。終末期が近づき、医療的なケアが必要でも、高齢者や家族の孤立を防ぎ、家族の負担を軽くするために、デイサービス(通所介護)で状態が重い高齢者を受け入れるなど変化が求められているようだ。

横浜市金沢区の自宅で寝たきりの男性(84)を8月5日朝、近くのデイサービス「つくしんぼ」の職員2人が迎えに来た。「さあ、行きましょう」。明るく声を掛け、2人で移動させる。体をほとんど動かせない男性は瞳を動かし、妻(85)や職員に笑顔を見せた。

男性は、尿道にカテーテルを入れており、介護度は最も重い要介護5だ。2015年1月に体調を崩して、ベッドで寝たきりで、医師や看護師の訪問も受ける。

続きを読む

読売新聞

(上)重度でも通所介護

(下)看取る介護職育成

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ