Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/09/25
【信濃毎日新聞】社説:ロヒンギャ迫害 スー・チー氏に重い責任


 

【京都新聞】社説:原発避難者訴訟  疑問の残る判決だった
続きを読む
京都新聞
http://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/index.html

ミャンマーの少数民族、ロヒンギャに対する迫害や差別に、国際社会から非難の声が高まっている。

事実上の政権トップであるアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は、平和的な手段で解決を目指すと表明したものの、具体策を示さなかった。自分が深く関わるのを避けているようにみえる。

こんな姿勢では、平和と安定は実現しない。スー・チー氏は抜本的な解決に向け、本腰を入れなくてはならない。

イスラム教を信じるロヒンギャはミャンマー西部で古くから暮らしてきた。1970年代後半、当時の軍事政権による迫害が激化。国民の9割を仏教徒が占めていることを背景に、政府は不法移民とみなして差別的な対応を続け、衝突が続いている。

続きを読む

信濃毎日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ