Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/09/11
【SYNODOS】インターネットと部落差別の現実――ネット上に晒される部落(出身者)


 

【SYNODOS】インターネットと部落差別の現実――ネット上に晒される部落(出身者)
川口泰司 / 山口県人権啓発センター事務局長
続きを読む
SYNODOS
https://synodos.jp/society/20420

川口泰司 / 山口県人権啓発センター事務局長

インターネット上の部落差別の現状

今、インターネット(以下、ネット)上ではネット版「部落地名総鑑」が公開され、被差別部落(以下、部落、同和地区)に対するデマや偏見、差別的情報が圧倒的な量で発信され、氾濫しています。そして「無知・無理解」な人ほど、そうした偏見を内面化し、差別的情報を拡散する傾向にあります。

ネット上での差別が放置される事で、現実社会での差別がエスカレートしています。現実社会では許されない差別行為でも、ネット上では無規制であり「ここまでやっても許される」と、差別に対するハードルが下がり、ついには「底が抜けた」現実が起きています。

「ネット空間」と「現実社会」のボーダーラインが曖昧になり、現実社会でもヘイトスピーチのように、公然と差別扇動が繰り返されています。

部落差別解消推進法では、「情報化の進展に伴って部落差別に関する状況の変化が生じている」とし、ネット上の差別の深刻化を指摘しています。

今後、ネット上における部落差別、人権侵害に対して、国や地方自治体、企業や運動団体、市民などが総力を挙げて取り組む必要があります。

続きを読む

SYNODOS

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ