Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/10/04
【ハフィントンポスト】「ヘイト政治家データベース」学生団体が公開 衆院選の立候補予定者の差別・ヘイトスピーチを紹介


 

【ハフィントンポスト】「ヘイト政治家データベース」学生団体が公開 衆院選の立候補予定者の差別・ヘイトスピーチを紹介
衆院選で、あなたの一票が「ヘイト」に使われないために。
泉谷由梨子 ハフポスト日本版ニュースエディター
続きを読む
ハフィントンポスト
http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/03/hate_a_23230528/

衆院選で、あなたの一票が「ヘイト」に使われないために。

泉谷由梨子 ハフポスト日本版ニュースエディター

10月22日に投開票される衆院議員選挙に合わせて、反差別を掲げる学生団体(反レイシズム情報センター・ARIC)が10月3日、立候補予定者らの過去の差別やヘイトスピーチにあたる発言を集めた「ヘイト政治家データベース」を公開した。

データベースの元になっているのは、ARICがこれまで集めて公開していた政治家の発言集で、今回の衆院選に合わせて、立候補予定者の分だけを整理しまとめた。

公開時点で掲載されている候補者の発言は、自民48人、民進12人、他5人(政党は解散前)となっている。ARICによると、「ヘイト」発言かどうかの判定には、人種差別撤廃条約とヘイトスピーチ解消法を基準とした。また、新聞などで報道されたもの、発信者が確認できたネット上での発言など、証拠があるものだけを掲載するなど、データベースは団体の「定義とデータ公開の原則」に沿って制作されている。

続きを読む

ハフィントンポスト

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ