Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/10/06
【信濃毎日新聞】社説:あすへのとびら 水俣からの問い 「過去のこと」にさせない


 

【信濃毎日新聞】社説:あすへのとびら 水俣からの問い 「過去のこと」にさせない
続きを読む
信濃毎日新聞
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20171001/KT170930ETI090005000.php

介助なしでは歩けなくなり、言葉も出づらくなった。それでも、行って自分の口で話したいことがある―。

「お母さんのおなかの中で水俣病になりました。これが最後だと思って来ました」

スイスで29日まで開かれた「水銀に関する水俣条約」の第1回締約国会議。坂本しのぶさんは総会や公式行事で、言葉を絞り出すように訴えた。

「水俣病は終わっていません。たくさんの人が闘っています」

水俣病が公式確認された1956年に生まれ、ずっと病気と向き合って生きてきた。原因企業チッソの加害責任を認める判決を勝ち取った第1次訴訟には、12歳で原告として加わった。

還暦を過ぎた今も、根本的な解決は遠い。被害者が補償や救済を求め、いくつもの裁判が続いている。その現実が坂本さんの背を押し、スイスに向かわせた。

続きを読む

信濃毎日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ