Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/10/10
【信濃毎日新聞】社説:衆院選に問う 共謀罪法 監視国家 許さぬために


 

【信濃毎日新聞】社説:衆院選に問う 共謀罪法 監視国家 許さぬために
続きを読む
信濃毎日新聞
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20171007/KT171006ETI090007000.php

「残り2分」―。牛歩で抵抗する野党議員に議長が投票の締め切りを告げる。6月15日朝まで夜通しで続いた国会。共謀罪法は会期末を目前に参院本会議で採決が強行され、成立した。

内心の自由、表現の自由を脅かし、民主主義の土台を揺るがす立法である。にもかかわらず、政権与党は数の力で押し通した。衆院での採決強行に続き、参院では「中間報告」という奇策で委員会審議を打ち切っている。

不意打ちの衆院解散後、情勢が流動化して政策論は後景に退き、共謀罪法はほとんど論じられていない。法の本質が有権者に十分伝わっているとは思えない。総選挙に際して、あらためてしっかりと目を向けたい。

どう洗い出したのかはっきりしない277もの犯罪に共謀罪は設けられた。計画に合意することが処罰の対象になる。実行行為を罰する刑法の原則を覆し、刑罰の枠組みを大きく押し広げた。

続きを読む

信濃毎日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ