Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/10/13
【現代ビジネス】日本の企業も無視できない「人権マーケット」その拡大傾向


 

【現代ビジネス】日本の企業も無視できない「人権マーケット」その拡大傾向
シリーズ「人権と経営」(1)
石井 麻梨(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 コンサルタント)
続きを読む
現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53086

シリーズ「人権と経営」(1)

石井 麻梨(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 コンサルタント)

従業員や会社に関わる人員の「人権」を軽視した結果、とてつもない損害を民間企業が被ることになるケースが相次いでいる。「民間企業が『人権リスク』についてより敏感にならなければ、今後、日本経済に大きな損失が生じる可能性がある」と指摘するのは、デロイト トーマツ コンサルティングのコンサルタントである石井麻梨氏だ。

海外で広がる「人権リスク」という概念に、もっと敏感になるべきだという氏の主張とは――。

日本企業はいまだ「人権リスク」に鈍感

「人権」という言葉から、みなさんは何をイメージするでしょうか。「途上国における子どもの人身売買」「紛争地域における少数民族の迫害」などのように、日本人にとっては日常生活とは離れたところにある問題を頭に浮かべがちかもしれません。

しかし、人権問題とは、私たちにとって、もっと身近なものなのです。報道などでも頻繁に目にすることのあるセクハラやパワハラは言われなく人の尊厳を傷つける行為です。長時間労働や待遇の差別のような労務トラブルも不当に人を拘束したり、貶めたりする行為として立派な人権問題のひとつです。

続きを読む

現代ビジネス

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ