Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/10/18
【毎日新聞】衆院選:点字や音で「公報」...視覚障害者向け、民間で作製


 

【毎日新聞】衆院選:点字や音で「公報」…視覚障害者向け、民間で作製
続きを読む
毎日新聞
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171018/k00/00e/010/265000c

今回の衆院選でも、全国の民間点字出版所などが集まり、選挙公報を点字訳するなどした視覚障害者向けの「選挙のお知らせ」を作製している。各都道府県選管が買い取った上で視覚障害のある有権者に届けるが、「点字版」と「音声版」「拡大文字版」の3媒体の配布状況には地域差がある。約30万人いる視覚障害者の中でも点字を読める人は一部で、社会福祉法人・日本盲人会連合(日盲連)は「本人が必要とする媒体で提供してほしい」と要望している。【山縣章子】

各媒体は公示後、1週間程度の日程で作製される。会員が約5万人いる日盲連など、関係団体でつくる日本盲人福祉委員会(日盲委)。そのプロジェクトに参加する視覚障害者支援団体「東京ヘレン・ケラー協会」(東京都新宿区)で、点字版を担当する田辺淳也さん(56)は「一言一句、公報と違ってはいけないと神経を使う」と話す。点字は50音で示されるため、漢字の読みの確認は必須だ。固有名詞はもちろん、「けんきゅうしょ」か「けんきゅうじょ」かなど、細かく確認する。

続きを読む

毎日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ