Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/10/27
【SYNODOS】カタルーニャ「独立宣言」がもたらすスペイン社会の分断


 

【SYNODOS】カタルーニャ「独立宣言」がもたらすスペイン社会の分断
八嶋由香利 / スペイン近現代史
続きを読む
SYNODOS
https://synodos.jp/international/20635

八嶋由香利 / スペイン近現代史

2017年10月1日、スペイン北東部に位置するカタルーニャ州で、スペインからの分離独立の是非を問う住民投票が行われた。それ以後、この地域の政治情勢は混乱している。10月21日、スペイン政府はついに自治州への介入を認める憲法155条を適用し、自治の一部停止に踏み切ることを決定した。これにより、プッチダモン州首相以下、カタルーニャ自治政府の全閣僚は更迭される。また州議会も解散され、6カ月以内に新たな選挙が実施される見通しである。カタルーニャの独立派はこれを、カタルーニャ住民の意思に対する「クーデター」と反発を強めている。近日中にも正式な「独立宣言」が発せられるかもしれない。

野党第一党の社会労働党は、今回のスペイン政府の決定を支持している。サンチェス書記長はカタルーニャ州がスペイン人の共存を一方的に破棄しようとしていると非難し、「カタルーニャのブレグジット」と呼んだ。1978年憲法が制定されて以来、前代未聞の深刻な事態である。

続きを読む

SYNODOS

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ