Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/11/08
【東京新聞】社説:憲法公布71年 平和主義は壊せない


 

【東京新聞】社説:憲法公布71年 平和主義は壊せない
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017110302000160.html

七十一年前の今日、日本国憲法が公布された。それが今や自民党の九条改憲論で揺さぶられる。平和主義がこの憲法の大価値観であることを確かめたい。

日本国憲法では国民の権利などを定めた第三章の前、第二章に戦争放棄が置かれている。

天皇が第一章であるから、日本国憲法の特徴をよく表した順に書かれていると説明されることが多い。だが、憲法学者の杉原泰雄一橋大学名誉教授は違う解釈をしている。なぜ権利より戦争放棄が先なのか。杉原氏が子ども向けに書いた「憲法読本」(岩波ジュニア新書)でこう説明する。

◆「戦争は国民を殺す」

<伝統的には、軍隊と戦争は、外国の侵略から国家の独立と国民の基本的人権を守るための手段だと考えられてきました>

<明治憲法下の戦争は、一般の国民にも他の諸民族にもたいへんな損害と苦痛をあたえました。そして、とくに広島と長崎の経験は、戦争が国家の独立と国民の基本的人権を守るものではなく、国民を皆殺しとするものに変質したことをはっきりと示すものでした>

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ