Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/11/10
【東京新聞】病気で働けない時に備える「就業不能保険」 契約内容、見極めを


 

【東京新聞】病気で働けない時に備える「就業不能保険」 契約内容、見極めを
続きを読む
東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201711/CK2017110902000186.html

病気やけがなどで働けなくなった場合に備える「就業不能保険」が注目されている。晩婚化や未婚などで将来に不安を抱く単身者が増加。中でも、うつ病など精神疾患になることを不安に思う人が多く、保険会社が相次いで商品を販売している。ただ、保険会社やプランによって、対象となる病気や給付を受け取れる条件、期間は異なるため、内容をよく確認することが大切だ。 (細川暁子)

入院時に備えるのが医療保険で、死亡か高度障害になった場合に備えるのが死亡保険。就業不能保険はその間のリスク、病気やけがなどで働けなくなった場合に備える保険といえる。無事故の場合は払い戻しがない掛け捨て型が大半で貯蓄性はない。だが、月々数千円の保険料を払うことで、病気などで働けなくなった場合は月十万円以上のお金を受け取ることができる手厚い保障が特徴だ。

続きを読む

東京新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ