Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/11/15
【ビッグイシュー】"うつ"から抜けた漫画家と精神科医にインタビュー。その症状と回復への道続きを読む


 

【ビッグイシュー】“うつ”から抜けた漫画家と精神科医にインタビュー。その症状と回復への道続きを読む
続きを読む
ビッグイシュー
http://bigissue-online.jp/archives/1068733958.html

 「うつ病」にかかったことがない人、身近にいない人にとって、「うつ病」はどんなイメージだろうか。

今、うつ病の人は20人に1人、また6~7人に1人が一生に一度、うつ病にかかるとも言われている。世界規模で増える「うつ病」は、よく「心の風邪」と言われることがあるが、こじらせると自殺にもつながりかねない深刻な病気だ。

そのわりに、なじみのない人にとっては「心が弱い」「怠けている」などとみなされることもあり、そのつらさが理解されにくい。

ビッグイシュー日本版323号の特集「”うつ”を抜く」では、自らもうつ病を体験し、うつを「抜けた」2人の方にインタビュー。ヒット漫画「うつヌケ」の作者で、京都精華大学マンガ学部専任准教授でもある田中圭一さんと、メンタルクリニックなごみ院長で精神科医の蟻塚亮二さんに「うつを抜く」生き方を伺った。

続きを読む

ビッグイシュー

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ