Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/11/20
【朝日新聞】ハンセン病療養所「世界遺産登録を」 入所者らがNPO


 

【朝日新聞】ハンセン病療養所「世界遺産登録を」 入所者らがNPO続きを読む
続きを読む
朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASKCG415SKCGPPZB00F.html

瀬戸内海の島にあり、ハンセン病の回復者らが暮らす国立療養所3園が、世界遺産登録を目指すことになった。その取り組みを進めるNPO法人の設立総会が14日、岡山県瀬戸内市で開かれた。感染力が極めて弱く、戦後は薬の普及で完治する病気になったのに、1996年の「らい予防法」廃止まで続いた国の隔離政策。入所者が高齢化するなか、差別の歴史を後世に残そうと活動していく。

国内には青森市から沖縄県宮古島市まで国立13園と私立1園の療養所がある。うち瀬戸内市沿岸の長島にある長島愛生園(あいせいえん)と邑久光明園(おくこうみょうえん)、高松市沖の離島・大島にある大島青松園(せいしょうえん)を「瀬戸内3園」と呼び、今も計300人余りの回復者らが暮らす。ほとんどは入所年数が50年以上で、平均年齢は85歳ほどになる。

続きを読む

朝日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ