Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/12/01
【週刊朝日】津田大介「国家による悪用で後退するネットの自由度」


ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。「ネットの自由度」に関する国際調査を見て、こう分析する。

*  *  *

11月14日、国際人権監視NGOの「フリーダムハウス」が、世界各国のインターネットの自由度に関する調査報告書「ネットにおける自由(Freedom on the Net)」の2017年版を公表した。この報告書は、政府によるネットの接続制限や情報遮断、検閲、メディア規制、反政府的主張の監視などの指標を分析、数値化したものだ。調査対象となった65カ国中32カ国で前年に比べ自由度が後退し、改善したのは13カ国にとどまった。

著しく低いところは、ワースト1位の中国を筆頭に、ロシアや中央アジア、東南アジア、中東諸国など独裁的傾向の強い国に広がり、ネット人口全体のおよそ3分の2が何かしらの制限を受けているという。

続きを読む

週刊朝日

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ