Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2017/12/27
【信濃毎日新聞】社説:小学校に中傷 基地の歴史への無理解


「学校は後から造った。同情の余地はない」 「沖縄は基地のおかげで暮らせている。落下物で子どもに何かあっても、お金があるからいいじゃないか」

基地騒音や事故の危険にさらされている人々にこんな言葉を投げ付けることがどうしてできるのだろう。想像力と共感の欠如に怒りが込み上げる。

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に所属する海兵隊大型ヘリが13日に起こした事故にからむ問題だ。重さ7・7キロの緊急脱出用の窓枠が普天間第二小学校の校庭に落下した。

その時校庭では体育の授業が行われ、54人の児童がいた。一歩間違えば惨事になっていた。

米軍は「人為ミス」だったと発表して6日後に飛行を再開。日本政府も容認した。

続きを読む

信濃毎日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ