Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/01/10
【NHK NEWSWEB】「欠格条項」で仕事失った男性 国に賠償求め提訴へ


成年後見制度を利用した人が一部の職業に就けなくなる「欠格条項」によって警備員の仕事を失った岐阜県の男性が、規定は法の下の平等などを定めた憲法に違反するとして、10日にも国に賠償を求める訴えを起こすことになりました。

成年後見制度は障害や認知症などで判断能力が十分でない人に代わり弁護士や家族などが財産を管理する仕組みですが、制度を利用した人は地方公務員法や建設業法などおよそ180の法律の「欠格条項」によって定められた職業に就けなくなります。

続きを読む

NHK NEWSWEB

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ