Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/01/05
【朝日新聞】ネットゲーム依存、疾病指定へ WHO定義、各国で対策


インターネットゲームなどのやり過ぎで日常生活に支障をきたす症状について、世界保健機関(WHO)が2018年、病気の世界的な統一基準である国際疾病分類(ICD)に初めて盛り込む方針であることがわかった。国際サッカー連盟(FIFA)主催の世界大会が開かれたり、五輪への採用が検討されたりするなどネットゲームが広く普及する中、負の側面であるネット依存の実態把握や対策に役立てられそうだ。

86時間続け…「ネトゲ廃人」死者も 韓国、国挙げ対策

WHO関係者によると、18年5月の総会を経て、6月に公表を予定する最新版のICD―11で、「Gaming disorder」(ゲーム症・障害)を新たに盛り込む。17年末にトルコで開かれた依存症に関する会議で、最終草案を確認した。

続きを読む

朝日新聞

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ