Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/01/10
【河北新報】社説:米軍ヘリ不時着相次ぐ/政府は毅然とした態度示せ


危険と隣り合わせの住民の不安はいかばかりか。沖縄県で米軍のヘリコプターの不時着が相次いで起きた。いずれも普天間飛行場(宜野湾市)所属の攻撃ヘリで、住宅やホテルまで数百メートルという程近い場所に降下した。

「こんなことが続いては、いつか大事故が起きる」「日本政府は米軍にもっと強く抗議してほしい」。米軍に対して煮え切らない態度を示すような政府に対して、住民の怒りの矛先が向くのは当然だろう。不信払拭(ふっしょく)のためにも毅然(きぜん)とした対応を取るべきだ。

続きを読む

河北新報

 

 

関連キーワード:

一覧ページへ