Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/01/17
【信濃毎日新聞】社説:外国人実習生 制度のひずみあらわに


「技能実習」の名の下、日本で働く外国人が過酷な環境に置かれている実態の一端が浮き彫りになった。本来の趣旨から懸け離れ、安い労働力の確保策となっている実習制度のひずみはあらわだ。廃止を含め、抜本的な見直しが欠かせない。

労災による死亡と認定された外国人実習生が、2016年度までの3年間で22人いることが分かった。10万人あたりで3・7人に上る。国内の雇用者全体の1・7人と比べ2倍以上高い。

大半は事故とみられる一方、過労死も1人いた。技能実習をめぐっては労災隠しの横行がかねて指摘されている。実際はさらに多くの実習生が、過労死を含め労災で死亡している可能性が高い。

続きを読む

信濃毎日新聞

 

関連キーワード:

一覧ページへ