Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/01/29
【徳島新聞】社説:ひきこもり高齢化 当事者目線で対策を急げ


ひきこもりの長期化と高齢化が深刻な社会問題として浮上している。

長期化すると親も高齢になり、介護が必要になったり経済的に困窮したりするからだ。80代の親が50代の子の面倒をみる「8050(はちまるごーまる)問題」とも呼ばれている。

こうした現状を受け、内閣府は2018年度に40~59歳を対象にした初の実態調査を行うことを決めた。

中高年の実態を調査する意義は大きい。ひきこもりに至った経緯はもとより、個々の事情を丁寧にくみ取って生活や健康状態などを把握するとともに、対策を急がなければならない。

続きを読む

徳島新聞

関連キーワード:

一覧ページへ