Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/01/29
【沖縄タイムス】社説:強制不妊手術 実態調査し救済を急げ


旧優生保護法の下で、知的障がいを理由に不妊手術を強いられたとして、宮城県内の60代女性が30日、国に損害賠償を求める訴訟を起こす。

日弁連によると、不妊手術は全国で約2万5千件確認されている。被害者が国を訴えるのは初めてである。

関係者によると、女性は重い知的障がいがあり、15歳で何も知らされないまま、不妊手術を受けた。手術後、腹部がたびたび痛み、悪性のう腫のため、卵巣を摘出した。手術が原因で結婚も破談になった。提訴する女性側は「個人の尊厳や性の自己決定権の侵害であり、憲法に違反している」と主張する。

続きを読む

沖縄タイムス

関連キーワード:

一覧ページへ