Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/01/26
【WEBRONZA】ジャンパー問題1年。小田原市の福祉は今


着実に「再生」の道を歩んでいる生活保護行政

稲葉剛 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授

昨年1月17日、神奈川県小田原市の健康福祉部長が開いた記者会見は、全国の福祉関係者に大きな衝撃を与えた。

小田原市の生活保護担当職員が2007年から、「保護なめんな」(ローマ字)、「SHAT(生活保護・悪撲滅チームの略)」、「我々は正義である」(英語)等とプリントされたお揃いのジャンパーを自腹で作成し、生活保護世帯の家庭訪問時などに着用していたことを認め、謝罪を行ったのである。問題のジャンパーは、ケースワーカーへの暴力事件がきっかけとなって、当時の係長が中心となって作成され、10年間で計64人の職員が購入したという。

続きを読む

WEBRONZA

関連キーワード:

一覧ページへ