Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/02/05
【新潟日報】社説:不妊手術強制 差別が生む残酷さ教える


国の定めた法律が、いとも簡単に個人の尊厳を踏みにじっていく。そのむごさを問う悲痛な訴えともいえよう。

国は真摯(しんし)に受け止め、救済措置を考えるべきだ。

40年以上前、旧優生保護法下で知的障害を理由に不妊手術を強いられた宮城県の60代の女性が、国に損害賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こした。

旧優生保護法を巡る国家賠償請求訴訟は初めてだ。原告側は憲法が保障する自己決定権や法の下の平等に反するとして、違憲性を主張していくという。

続きを読む

新潟日報

関連キーワード:

一覧ページへ