Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/02/16
【読売新聞】「脅された」「見せ物のよう」...精神科入院経験者、身体拘束「納得せず」約半数


精神科に入院し、ベッドに手足を縛られるなどの身体拘束を受けた経験がある人のうち、約半数が納得していない、という調査結果をNPO法人「地域精神保健福祉機構」(千葉県市川市)がまとめた。

精神科では、精神保健福祉法で資格を持つ医師が国の基準に基づき患者を最小限、身体拘束できる。昨年5月に拘束を受けたニュージーランド人が死亡。同機構は同9月、精神疾患を持つ人にインターネットで調査を行った。

200人の回答のうち170人が精神科病棟のある病院への入院を経験。80人が身体拘束を受けたことがあると回答した。41人は「納得していない」と振り返った。拘束時に理由を説明されたかとの問いには、20人が「なかった」とした。

続きを読む

読売新聞

関連キーワード:

一覧ページへ