Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/02/22
【京都新聞】障害者に禁止レントゲン照射 強制不妊手術で厚生省容認


障害者らが旧優生保護法に基づいて強制不妊手術を受けさせられていた問題で、当時の厚生省が1949年12月、京都大から問い合わせを受けた京都府に対し、同法で禁止されているレントゲン照射を学術研究目的で認めていたことが20日までに、府立京都学・歴彩館(京都市左京区)所蔵の公文書で分かった。

同法は強制不妊手術の方法について「一般に方法が容易であって格段危険を伴うものではない」などの理由から精管や卵管を結んだり切断したりする4種類に限定、「レントゲン照射を行ってはならない」(28条)と明確に規定していた。

続きを読む

京都新聞

関連キーワード:

一覧ページへ