Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/03/13
【東京新聞】社説:森友文書改ざん 国民を欺いたのは誰だ


決裁文書改ざんは議会制民主主義を脅かす背信行為だが、全容解明には程遠い。国民を欺いたのは誰だ。安倍政権と国会が負う解明の責任は重い。

あまりにも広範にわたる公文書の改ざんに驚きを禁じ得ない。

学校法人「森友学園」への格安での国有地売却問題。決裁文書の改ざんを、財務省が認めた。
同省が国会に提出した調査結果によると、昨年二月下旬から四月にかけて五つの決裁文書が改ざんされ、その内容を反映する形でさらに九文書も改ざんされていた。その数は計十四に上る。

続きを読む

東京新聞

関連キーワード:

一覧ページへ