Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/03/22
【東京新聞】<年金プア 不安の中で>77歳男性 妻と2人で月約16万円 物価上昇率ほど増えず


物価の上昇に年金が追いつかず、年金受給額の少ない年金プアの人たちが不安を募らせている。かつては「物価上昇の分だけ公的年金の年金額が増える」が常識だったが、年金制度の見直しで物価と年金額の関係が一変した。今後は、物価上昇率ほどには年金額は増えないことを覚悟せねばならない。 (白井康彦)

「近年は物価が上昇しても、年金は上がらないのでは」。東海地方に住む七十七歳の男性は最近、そう感じ始めている。六十五歳から年金生活を始め、二〇一七年度の年金受給額は約百十七万二千円。五年前と比べると、消費者物価が4%ほど上昇したにもかかわらず、年金受給額は増えるどころか1%ほど減ったためだ。昨年の消費者物価の総合指数も前年比0・5%の上昇だったが、ことし四月からの年金受給額は据え置かれる。

続きを読む

東京新聞

関連キーワード:

一覧ページへ