Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/05/14
【毎日新聞】「セクハラ」流行語から30年「官僚、何も学んでいなかった」角田由紀子弁護士


時代が昭和から平成に移り変わろうとするころ、角田(つのだ)由紀子弁護士は「セクシュアルハラスメント」という言葉を日本に広めようとしていた。「セクハラ」という言葉が流行語大賞の新語部門を受賞したのは平成元年(1989年)だった。あれから30年、平成があと1年で終わろうとしている今、再び「セクハラ」という言葉に注目が集まっている。角田さんは「少しずつ、でも確実に変化は起きている」と前を向く。【中村かさね/統合デジタル取材センター】

続きを読む

毎日新聞

関連キーワード:

一覧ページへ