Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/06/12
【上毛新聞】デートDV 高校生1割が被害 「相談しない」は6割超回答


若い男女間で起こる暴力や監視、干渉といったデートDV(ドメスティックバイオレンス)について、群馬県内の高校生の10.7%が被害を受けた経験があることが8日、県の調査で分かった。高校生の6割、大学生の7割はデートDVを知っていたものの、被害者の6割は誰にも相談していないことも明らかになった。早期の予防教育や相談先の周知といった啓発が求められそうだ。

◎啓発講座受講の1800人対象 全体では8.8%

調査は、県主催のデートDV防止啓発講座を受講した中高生と大学生約1800人を対象に、昨年9月~今年3月に初めて実施した。

続きを読む

上毛新聞

関連キーワード:

一覧ページへ