Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/06/21
【弁護士ドットコム】想田監督が夫婦別姓訴訟「僕らが自由に別姓を選んだとしても他者の不利益にならない」


選択的夫婦別姓を求める新たな訴訟が始まった。アメリカで法律婚をしたにもかかわらず、日本の戸籍に婚姻が記載されないのは、立法に不備があるとして、映画監督の想田和弘さんと舞踏家で映画プロデューサーの柏木規与子さん夫妻が6月18日、国を相手取り婚姻関係の確認などを求めて東京地裁で提訴した。今年になって起こされた夫婦別姓訴訟はこれで3件目となる。

●米国で法律婚したが、日本では夫婦の戸籍が作成できない…

訴状などによると、想田さんと柏木さんはアメリカ・ニューヨーク州に在住の日本人で、1997年にマンハッタンにあるニューヨーク市庁舎で、夫婦別姓を選んで結婚した。海外で結婚する場合は、現地の法律に基づいて行われれば、国内でも婚姻は成立しているとみなされるため、夫妻は事実婚ではない(法の適用に関する通則法第24条)。

続きを読む

弁護士ドットコム

関連キーワード:

一覧ページへ