Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/07/12
【47NEWS】「産めよ死ねよ」への回帰か


江刺昭子 女性史研究者

今年は厚生労働省の前身にあたる厚生省がスタートして80年になる。日中戦争開始の翌1938年で、やがて「産めよ、殖やせよ」という有名なスローガンを作って、国のために子どもを産む「出産報国」を奨励することになる。これを意識したわけでもないだろうが、政治家の出産をめぐる発言が目立つ。

直近は6月26日、自民党の二階俊博幹事長の「この頃、子どもを産まないほうが幸せじゃないかと勝手なことを考える人がいる」という発言。これには前段があって、「戦前の、みんな食うや食わずで、戦中、戦後、そういう時代に『子どもを産んだら大変だから、子どもを産まないようにしよう』といった人はいない」、「みなが幸せになるためには、子どもをたくさん産んで、国も栄えていく」と言ったという。

続きを読む

47NEWS

関連キーワード:

一覧ページへ