Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/07/10
【山陽新聞】社説:広がる豪雨被害 被災地の生活再建に力を


西日本を中心に降った記録的な大雨で、すさまじい被害の実態が明らかになってきた。犠牲者は12府県にまたがって100人を超え、岡山、広島県内でも新たな犠牲者が次々と発見されている。

天候が回復し、岡山県内の被災地では行方不明者らの捜索が本格化した。倉敷、総社、笠岡市などで新たな犠牲者が判明した。

特に、地区の3割近くという広い範囲が浸水した倉敷市真備町地区の被害は目を覆う。地域の病院で孤立状態になっていた約300人の患者らは懸命の作業で救助されたが、水没していた民家などから新たに高齢者らの遺体が相次いで見つかっている。堤防の決壊で流れ込んだ水かさの上昇が速すぎて逃げ遅れた可能性がある。あまりに痛ましく、何とか助かる手だてはなかったか悔やまれる。

続きを読む

山陽新聞

関連キーワード:

一覧ページへ