Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/08/08
【河北新報】社説:東京医大女子差別/背景にあるのは医師不足だ


東京医科大が2006年度入試から女子受験生と3浪以上の男子受験生に対して得点を調整、合格者を抑制していた事実が明らかとなった。不正入試問題を調査してきた内部調査委員会が経緯などについて、7日、記者会見を開いて公表した。

何よりも客観的な公平性が担保されるべき入試で、大学幹部の裁量による不正な操作が行われてきた事実は、受験生への裏切りであるだけでなく、大学への一般の信頼をも失墜させるものだ。

女子と3浪以上の男子に対する差別的な扱いは、それぞれ目的が異なる。3浪以上の学生は、現役で合格した学生と比較すると、医師国家試験の合格率が相対的に低いため合格者数を抑制した。

続きを読む

河北新報

関連キーワード:

一覧ページへ