Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/09/12
【信濃毎日新聞】社説:災害の避難所 在り方から見直しを


災害のたびに、難を逃れた人たちが身を寄せる避難所の生活環境を改善する必要性が指摘されている。

助かった命が再び危険にさらされることがあってはならない。避難後に亡くなる「災害関連死」を防ぐためにも、避難所の質の改善に本腰を入れる必要がある。

最大震度7を記録した北海道の地震では大勢が集会所や体育館に避難。硬い床に横にならざるを得ず、寒さで眠れない人がいた。厳冬期なら状況はより深刻になるだろう。自宅が壊れた人は多く、避難の長期化が懸念されている。

7月の西日本豪雨でも、暑さやプライバシーの確保が問題になった。雑魚寝が続くなど劣悪な避難生活のストレスで体調を崩す人は多い。高齢者や持病を抱えた人はなおさらだ。

続きを読む

信濃毎日新聞

関連キーワード:

一覧ページへ