Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2018/10/11
【マガジン9】牧原依里さんに聞いた:手話で生きるという選択肢を。


知られていない、すぐ隣にある「ろう者の世界」

一緒に映画を作るはずだった、ろう者の友人・ヴァンサンが突然命を絶ってから10年。「ろう者の存在を知らせたい」という遺志を継いだレティシア・カートン監督によるドキュメンタリー映画『ヴァンサンへの手紙』が日本で公開されます。アップリンクとともに共同配給を担うのは、アート・ドキュメンタリー映画『LISTEN リッスン』(2016)の監督であり、ろう者の牧原依里さん。「この映画は私の人生そのものだった」と話す牧原さんに、その理由や作品への思いを伺いました。

続きを読む

マガジン9

関連キーワード:

一覧ページへ