Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2019/05/13
【西日本新聞】被災外国人どう支援 避難所を巡回、多言語で発信 熊本を参考、各地に組織


外国人労働者や訪日外国人客の増加に伴い、言葉の壁などで「災害弱者」となる外国人の支援策が課題になっている。2016年の熊本地震の際は、熊本市国際交流会館に設置された「災害多言語支援センター」のスタッフが避難所を巡回し、自治体が出す支援情報を多言語に翻訳して発信するなど一定の成果を残した。地震や豪雨災害が相次ぐ近年、同様の組織の立ち上げが相次ぐものの、外国人に支援情報をどう伝えるか試行錯誤が続いている。

 続きを読む

西日本新聞

関連キーワード:

一覧ページへ