Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2019/05/16
【北海道新聞】樺太アイヌの足跡に光 漫画「ゴールデンカムイ」


描かれた独自文化 現地に名残

【ユジノサハリンスク細川伸哉】野田サトルさん(北広島市出身)の連載中の人気漫画「ゴールデンカムイ」は、アイヌ民族の少女らが活躍する舞台が明治時代末期の北海道から樺太に移り、樺太アイヌに光が当たる。北海道のアイヌ民族に見られない独自の文化や、日ロ係争のはざまで安住を奪われた歴史は、政府が胆振管内白老町に整備するアイヌ文化復興拠点「民族共生象徴空間(ウポポイ)」でも大きなテーマだ。

続きを読む

北海道新聞

関連キーワード:

一覧ページへ