Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2019/06/10
【SYNODOS】"子育て罰"を受ける国、日本のひとり親と貧困


桜井啓太 / 貧困研究、社会福祉学

◇子どもの貧困は、大人の貧困である。

たいていの場合、子どもだけがひとり貧困になるわけではない。一緒に暮らす大人が贅沢な生活をしているのに、子どもを困窮させているのであれば、それは貧困問題ではなくネグレクトである。子どもの貧困は、子どもの親たちが貧しいからこそ生じている経済的問題である。

第一線の貧困研究者たちは、ずっと「子どもの貧困」における「罪のない子どもが貧困におかれている」という台詞の裏側に見え隠れする「大人の貧困は自己責任(罪)である」という価値に対して危惧を表明し続けてきた(注1)。

続きを読む

SYNODOS

関連キーワード:

一覧ページへ