Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2019/08/06
【弁護士ドットコム】ヘイトスピーチに「刑事罰」...川崎市の条例案は「表現の自由」を侵害しないのか?


川崎市は、公共の場所でのヘイトスピーチ(差別扇動)に罰金刑を科す条例づくりをすすめており、8月9日まで条例素案に対するパブリックコメントを募集している。成立すれば、全国で初めてヘイトスピーチに刑事罰を定める条例となる。

川崎市が市議会に提出した「(仮称)川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」(素案)によると、市内の道路や公園、駅など、公共の場所で、特定の民族や人種に対するヘイトスピーチをおこなった場合、50万円以下の罰金を科すというものだ。

続きを読む

弁護士ドットコム

関連キーワード:

一覧ページへ