Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2019/11/07
【WEBRONZA】上映中止に追い込んだ「自覚なき検閲」


上映中止から一転上映へ。KAWASAKIしんゆり映画祭の舞台裏で起きたこと

石川智也 朝日新聞記者

「英断」とは評せない舞台裏

KAWASAKIしんゆり映画祭で、川崎市の「懸念」からいったん上映中止が決まった『主戦場』が、一転して最終日の11月4日に上映されることとなった。

ひとまずは朗報である。しかし諸手を挙げて喜べる話では、到底ない。

あいちトリエンナーレ問題と同様、一連の経緯は、幾つもの疑問と課題と禍根を残したままだ。

関係者によれば、方針再転換の舞台裏は、英断とはとても評せないものだった。

続きを読む

WEBRONZA

関連キーワード:

一覧ページへ