ふらっと教室

CD-ROM

一覧ページへ

2001/12/07
楽しいふらっと教室 みんなで考える人権


『楽しいふらっと教室 みんなで考える人権
CD-ROM版』

 


価格 3,000円(税込み・送料等別途)
動作環境
■ブラウザ(必須) Microsoft Internet Explorer 5.0
■OS Windows98/ME/2000/NT4.0
■モニタ 800×600 32000色以上
■メモリ 128MB以上
■ CD-ROMドライブ 4倍速以上
発行者 武者小路 公秀(ニューメディア人権機構・理事長)
発行所 ニューメディア人権機構
URL:http://www.jinken.ne.jp

 



※CD-ROMの販売は終了しました

こちらからデモ版をお試しいただけます

活用事例のワークシートをダウンロードしてお使いください。

fail.gifワードファイル

fail.gifPDFファイル

CD-ROM版の活用法(例)

  活用の方法はさまざま! あなたのアイデア次第で教育・啓発のツールとして活かしていくことができます。推進委員の自己啓発資料に、役員研修をはじめ社内教育・研修のツールに、貸し出しライブラリーの一つにも加えて見ませんか。
1.推進委員へ配布して、委員の啓発に活用
(方 法) 推進委員会で新しい啓発ツールとして紹介・説明して配布する。
推進委員会のメンバー数を購入。委員が保管して管轄の範囲で活用していく。
資料編も活用できます。
2.社内研修・啓発のツールとして配布し、活用
(方法1) 役員に対する啓発に活用
人権担当トップが役員会で説明し、配布する。
会社の事情で渡し切りにする(または、回収し別の用途に使う。)
(方法2) 管理職(部長・課長)昇格者に配布して啓発に活用
昇格教育時に説明して配布。学習レポートと共に回収する。
(方法3) その他の機会教育時に配布して啓発に活用
集合研修時に十分な時間を取れない企業は、説明して配布し宿題とすること
により研修の機会とする。
期限を切って学習レポートと共に回収する。
(方法4) 新入社員研修の一環として活用
オリエンテーション時などに配布し、学習レポートと共に回収する。
3.公正採用選考のツールとして活用
(方 法) 人事部門の採用担当部署で保管しておき、採用面接担当者には事前に必ず
「いけない面接」の部分を再確認してもらうシステムとする。
4.ライブラリーとして整備し希望者に貸し出すことにより活用
(方 法) 貸し出しライブラリーに含める。
人権週間の行事として、休憩場所などでデモンストレーションし、希望者へ
貸し出す。
5.その他、あなたの工夫次第です。活用のアイデアもメールでお教えください。
関連キーワード:

一覧ページへ